« 行ってきました。 | トップページ | 杏が咲き,桜が咲くころ »

高知からの報告

もう高知訪問から1週間がたつ。
忙しさを通り越し、まさにパニックとなりつつある。
仲間との朝の会議を、久しぶりに寝過ごした。
過労もピークとなっている。

今回の高知では得る事がたくさんあった。
この論文集も、そのひとつだ。
_0001_3

高知県工業会統合5周年記念
高知県の産業振興についての「高校生の論文集」
平成 20年3月
社団法人 高知県工業会

目次だけとなるが、記載しておこう
発行のご挨拶  
   高知県工業会会長    北村 精男
論文講評   
  高知新聞社 経済部長  野本 裕之

論文  
  最優秀賞
  高知工業高等専門学校 電気工学科1年 穂積 拓
       「電力都市・高知」

  優秀賞 
  高知工業高等専門学校  物質工学学科1年 前田 理行
   「色素バンク」で高知県の産業振興と産業創出を

  高知工業高等専門学校  物質工学学科2年  
      采 愛里佐
   「バイオ長期医療都市のすすめ」

  高知県立高知農業高等学校  森林総合科 3年
   川上 大介  上村 誠  谷本 貴幸  上岡 佑多
   「竹と人」

  高知県立高知農業高等学校  農業総合科 3年 
    秋山 英太郎
   「大豊町の地域農業振興と私のかかわり方」

  高知県立高知農業高校 農業総合科 3年
    大石 恭史  前原 ゆか  森 千沙 
    倉橋 一百  松本 雄斗
    西村 啓祐  小笠原 勇  北川 一也
「もったいないから始まった私たちの町おこし」規格外文旦の活用

佳作 
  高知県立高知農業高校 森林総合学科 3年
    森野 洋平  小松 諒介  竹内 翔
   「間伐材を利用した木材加工~僕たちにできること~」

  高知県立南高等学校  3年 三國 嶺
   「高知県を豊かにするには」

  高知工業高等専門学校 物質工学科  1年 松下 未幸
   「高知開発計画」

  高知工業高等専門学校  物質工学科 1年 恒石 文
   「高知県を良くしていくには」

町を想い、地域を想い人を想う。
そして地域の産業を考える。
産業振興と誰もが言う。
本当の意味での地域産業を考え、
そしてそのことが地域を豊かにする。
実は、この産業教育を含めそれは
地域の文化創造活動なのだ。
たぶん刷られた本の表紙は
活版印刷なのだろう。
活字に押された文字は
字が浮き上がって生きている。
今高知に想いの連鎖がはじまって
いるような気がする。

|

« 行ってきました。 | トップページ | 杏が咲き,桜が咲くころ »

「学問・資格」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

「新連携」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92734/40594148

この記事へのトラックバック一覧です: 高知からの報告:

« 行ってきました。 | トップページ | 杏が咲き,桜が咲くころ »